ジルコニア

ジルコニアの強度/透光性は大きく分けて3つに分類されます。
メーカーによって異なる場合もありますが、多くの場合以下のように呼称されています。

UT

最も透光性が高いが強度はジルコニアの中では一番弱いので、基本は単冠やインレー/ベニア用となります。
審美性が良好なため、レイヤリングの必要はありません。

ST

UTとHTの中間の透光性と強度で少数ブリッジ~ロングスパンブリッジに使用します
UTよりは一段劣りますが審美性も良好です。前歯の唇面にはレイヤリングを推奨する場合があります。

HT

最も強度が高いジルコニアディスク。ただし透光性は低いので前歯の唇面にはレイヤリング推奨です。 

複合タイプ:UT~ST

切端部がUTで歯頚部がSTとなります。
汎用性が高い。

当ラボで使用するジルコニアディスク

UT・・・・・Vatech Perfit ZR UT
UT・・・・・Orbray ジルコニアディスク ウルトラトランス
UT~ST・・・Vatech Perfit ZR TS-ML 
UT~ST・・・ Orbray ジルコニアSUT Wグラデーション

ST・・・・・Vatech Perfit ZR ST

ST・・・・・OrbrayジルコニアSUTエステティックハード

HT・・・・・OrbrayジルコニアディスクHT

その他の使用材料について

メタルボンドにはアイゼンバッハ ケラディスクコバルトを使用します。
基本的にはジルコニアがあればほぼ全てに対応できるのですが、フレーム形状において連結部分や辺縁形態の強度が貧弱になる場合、メタルボンドを選択肢として考慮する場合があります。

Parfit ZR TS-ML A1
                         Parfit ZR TS-ML A2
                                                   Parfit ZR TS-ML A3

Parfit ZR ST A3にポーセレン築盛
                              Parfit ZR UT A3
                                                       Parfit ZR ST A3

                   Parfit ZR UT A3
                   ガム部分をポーセレン築盛
                   松風 ヴィンテージ ZR を使用

ジルコニアキャラクタライズ

当ラボはCAD/CAM機器の生産性に加え、歯科技工士の手によるこだわりの仕上げ加工を標準仕様としています。
焼結前のカラーリキッド~外部ステイン、又はポーセレン築盛まで満足のいくまで手をかけて付加価値を高めています。